栃木県のこだわり注文住宅ガイド|ココミテ » 栃木で家を建てるなら!人気の土地・エリアはココ » 佐野市の注文住宅会社を調べました » 佐野市の住みやすさと相場を知る

公開日: |最終更新日時:

佐野市の住みやすさと相場を知る

佐野市は大型のショッピング施設があり、自然も豊かなエリアです。注文住宅を検討している方も少なくありません。気になるのは、相場と住みやすさですよね。佐野市の坪単価、子育てのしやすさ、住みやすさをまとめました。

佐野市の坪単価

金額+前年からの動き

2020年の佐野市でおこなわれた取引のうち、土地のみの取引価格は、坪単価55,262円が平均です。佐野市の坪単価は年々下落傾向があり、前年と比較して、変動率は-6.14%でした。佐野市の中でも、最も坪単価平均が高かったのは伊賀町。16.6 万円/坪でした。

子育て

特徴

平成30年4月1日時点での待機児童数は、5名。前年より11名減っていました。東京都目黒区で同年の待機児童数は330人だったことと比較すると、佐野市では、保育所に入れやすく、子育てしやすい環境だと言えるでしょう。

教育施設の数

佐野市の教育施設は、小学校前までが25施設あります。内訳としては、公立保育園11施設、私立保育園6施設、認可外保育園(一般利用)5施設、私立幼稚園3施設です。

市立小学校は20校あります。中学校は、市立8校、私立1校の計9校。義務教育校が1校あります。また、県立高校が3校、私立高校は3校です。

医療福祉

特徴

佐野市の病院は、一般診療所が81施設あります。人口10万人あたりでは68.11施設です。全国の平均が68.94施設なので、平均的な医療施設数と言えるでしょう。一方、医師数は、197人です。人口10万人あたりでは165.66人。全国平均244.11人と比較して少ないです。その影響もかってか、在宅療養施設が少ないという特徴があります。

施設の数

佐野市の一般診療所や病院は81施設あります。診療科目でみると、内科54、外科29、小児科24、産婦人科6、皮膚科11、眼科6、耳鼻咽喉科4、精神科4です。歯科医院は66施設あります。

佐野市の住みやすさ

子育て

佐野市は、都会すぎず田舎すぎないちょうど中間のようなエリアです。佐野プレミアムアウトレットを代表とする商業施設が多数あり、日用品を購入するスーパーも揃っているため、子育て世代が暮らしやすいでしょう。自然も身近に感じられる地域なので、子どもの健やかな成長にも良い影響が期待できます。

買い物

佐野プレミアムアウトレットとイオンモールがあるため、日常の買い物に困ることはないでしょう。佐野駅から巡回バスが利用できます。また、少し離れると道の駅もあり、新鮮な食材を手に入れやすいエリアです。

佐野市に住むなら

佐野市は、大型ショッピングセンターやスーパーが複数あり、暮らしに便利な地域です。唐沢山・三毳山などの大自然が近くにあり、のんびりと暮らせます。佐野市は土地の坪単価も下がっているので、注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

住宅展示場でココミテ!
モデルハウスがすぐ見られる
栃木のこだわり
注文住宅会社3

設備もデザインも選び放題
家計が喜ぶ燃費がいい注文住宅

石井工務店
石井工務店のHP
引用元:石井工務店公式HP_宇都宮西展示場http://www.ishiikomuten.jp/model_house/utsunomiya_nishi/gallery.html

断熱性能

全棟北海道レベル標準装備

住宅展示場の数

5

石井工務店の
HPはこちら

石井工務店の
HPはこちら

宇都宮支店に
電話で問い合わせる

自社育成の大工が作る
厳選したひのきの注文住宅

木の花ホーム
木の花ホームのHP
引用元:木の花ホーム公式HP_宇都宮インターパーク展示場https://www.konohanahome.com/ip

断熱性能

全棟栃木県レベル標準装備

住宅展示場の数

3

木の花ホームの
HPはこちら

電話で問い合わせる

素材も設計もおしみなく
こだわりの個性派注文住宅

栃木ハウス
栃木ハウスのHP
引用元:栃木ハウス公式HP_インターパークhttps://www.tochigi-house.com/interpark.html

断熱性能

北海道レベルまで対応可能

住宅展示場の数

5

栃木ハウスの
HPはこちら

電話で問い合わせる

【選定条件】栃木県住宅協会に加盟する地域密着の工務店の中で、間取りや設計の自由度が高い木造軸組工法を中心に行っている住宅会社をピックアップ。県内の総合住宅展示場に出展している数が多い順(2020年4月現在)に3社を選定。
※【省エネ住宅実績】は、一般社団法人環境共創イニシアチブHPの2018年ZEH実績を参照。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)では、高効率な設備システムと高気密高断熱が必須となります。ここでは省エネルギー住宅の建設実績の目安としています。
※【断熱性能】は、各社公式サイトや栃木県住宅協会公式サイト各社紹介ページに掲載されている情報(2020年4月現在)をもとに、2020年省エネ基準・次世代省エネ基準に当てはめた地域レベルを記載しています。