栃木県のこだわり注文住宅ガイド|ココミテ » 栃木で家を建てるなら!人気の土地・エリアはココ » 大田原市の注文住宅会社を調べました

公開日:|最終更新日時:

大田原市の注文住宅会社を調べました

住宅展示場でココミテ!
モデルハウスがすぐ見られる
栃木のこだわり
注文住宅会社3

設備もデザインも選び放題
家計が喜ぶ燃費がいい注文住宅

石井工務店
石井工務店のHP
引用元:石井工務店公式HP_宇都宮西展示場http://www.ishiikomuten.jp/model_house/utsunomiya_nishi/gallery.html

断熱性能

全棟北海道レベル標準装備

住宅展示場の数

5

石井工務店の
HPはこちら

石井工務店の
HPはこちら

宇都宮支店に
電話で問い合わせる

自社育成の大工が作る
厳選したひのきの注文住宅

木の花ホーム
木の花ホームのHP
引用元:木の花ホーム公式HP_宇都宮インターパーク展示場https://www.konohanahome.com/ip

断熱性能

全棟栃木県レベル標準装備

住宅展示場の数

3

木の花ホームの
HPはこちら

電話で問い合わせる

素材も設計もおしみなく
こだわりの個性派注文住宅

栃木ハウス
栃木ハウスのHP
引用元:栃木ハウス公式HP_インターパークhttps://www.tochigi-house.com/interpark.html

断熱性能

北海道レベルまで対応可能

住宅展示場の数

5

栃木ハウスの
HPはこちら

電話で問い合わせる

【選定条件】栃木県住宅協会に加盟する地域密着の工務店の中で、間取りや設計の自由度が高い木造軸組工法を中心に行っている住宅会社をピックアップ。県内の総合住宅展示場に出展している数が多い順(2020年4月現在)に3社を選定。
※【省エネ住宅実績】は、一般社団法人環境共創イニシアチブHPの2018年ZEH実績を参照。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)では、高効率な設備システムと高気密高断熱が必須となります。ここでは省エネルギー住宅の建設実績の目安としています。
※【断熱性能】は、各社公式サイトや栃木県住宅協会公式サイト各社紹介ページに掲載されている情報(2020年4月現在)をもとに、2020年省エネ基準・次世代省エネ基準に当てはめた地域レベルを記載しています。

このページでは大田原市の特徴や、実績あるメーカー・工務店の情報など押さえておきたいポイントばかりをまとめています。注文住宅で家を建てる人は必見です。

大田原市で実績のある注文住宅メーカー・工務店を探す

大田原市は自然が多く、夏と冬での温度差が激しい環境。家族が生活しやすい間取りにするのはもちろんですが、気候の変化に対応でき、1年中快適に過ごせる構造を意識すると良いでしょう。地域密着として長年栃木の家づくりを支えている会社であれば、地域についての知識が多いため信頼して任せられるはずです。そのうえで、しっかりとプランニングしてくれるところを選べば間違いないでしょう。

大田原エリア対応の工務店・ハウスメーカー一覧

石井工務店 石井工務店は、耐震性能最高ランクで高気密高断熱の注文住宅を手掛ける会社です。性能だけでなく、デザインのバリエーションも豊富に用意されています。
小堀建設 小堀建設は、大田原の気候に合わせた気密性の高い木造住宅を建ててくれます。夏涼しく冬暖かい快適な住まいを手に入れましょう。
栃木建築社 栃木県を住みやすい県にすることを目指す栃木建築社。専任スタッフが定期点検に訪れ、50項目以上のチェックを行なう充実したアフターメンテナンスが特徴です。
薄井工務店 半世紀以上にわたり、栃木で地域密着型の建築業を行なってきた薄井工務店。伝統の技術と現代の工法を組み合わせ、栃木の環境に適した住宅を作ってくれます。
むぎくら 工事請負会社や住宅メーカーを介さず、一貫した自社施工を行なっているむぎくら。中間マージンが発生しないため、比較的安価に注文住宅が建てられます。
木の花ホーム 高い技術力を持った大工が揃っている木の花ホーム。住宅の細部を現場で大工に相談し、調整することが可能。住宅に合わせた家具も作ってもらえますよ。
トヨタホーム北関東 栃木エリアで、35年間住宅を提供し続けているトヨタホーム北関東。最長60年保証や生涯保証など、地域に根差した会社ならではの手厚いアフターサービスが魅力です。
ヘーベルハウス栃木(旭化成ホームズ) 旭化成ホームズでは、中2階やロフトなどを活かした多層構造の住宅を提案。面積や高さに制限がある場合でも、広々と暮らせる住宅を建ててくれます。
菅野建築 人の数だけ最適な住まいが存在すると考える菅野建築。家族のライフスタイルを丁寧に聞き取り、全員が快適に過ごせる家づくりを提案してくれます。
栃木ハウス インテリア1つに至るまでこだわりたいなら、栃木ハウスがおすすめ。価格にとらわれず、ほかとは一線を画したオーダーメイドの家が建てられます。
テクノホーム 断熱性や耐震性などの機能はもちろん、「つながり」を第一に考えた家づくりを徹底するテクノホーム。生活導線が考え抜かれた住宅で、安全かつ快適な生活が実現します。
丸和住宅 「誰のためにつくるのか?」を大切にした家づくりを行なっている地元住宅会社。家族との時間を大切にしたい人にピッタリです。
積水ハウス 邸別自由設計が基本の積水ハウス。環境や気候に合わせた家づくりが得意なので、大田原の自然にマッチする家を作れます。
住友林業 住友林業の特徴は、なんといっても木を使った家づくり。頑丈で人や環境に優しい住まいは、長く安心して住むことができます。

栃木で快適に暮らせる家が
建てられる
注文住宅会社を
今すぐチェック!

大田原市の特徴は自然の豊かさと生活の便利さの共存

森林や平地林、河川など豊富な自然が育つ大田原市。全国でも限られた地域にしか存在していない、国指定天然記念物ミヤコタナゴや磯上の山桜、白鳥なども見られます。また源平屋島の合戦の英雄として知られる、弓の名手「那須与一」ゆかりの地であり、奥の細道で知られる「松尾芭蕉」も訪れた地であるなど、歴史もある街。文化遺産も多く残されている地域です。

自然資源に恵まれた環境である一方、東北新幹線や宇都宮線、高速道路を利用すれば都心へのアクセスも良好。東京までは約90分で移動できます。市内には官公庁や工業団地、道の駅、総合運動場など施設が充実。商業施設も多いので、生活に必要なものはすぐに手に入ります。

都会にない自然と田舎にはない生活の便利さをあわせもっている点が、大田原市の魅力と言えるでしょう。

大田原市の住宅に関する補助金

大田原市は次の住宅に関する補助金を用意しています。

三世代住宅建築費補助

市への定住化、子育て環境の向上、高齢化社会に対応する住環境の整備を図るため、三世代住宅を建てて一緒に住んだ方に建築費の一部を補助する制度です。補助金を受け取るには、建物と申請者の要件を満たす必要があります。

建物の要件は次の通りです。

申請者の要件は次の通りです。

以上の要件を満たす方は、契約業者が市内の場合は40万円、契約業者が市外の場合は20万円の補助金を受け取れる可能性があります。

新築住宅木材需要拡大事業補助金制度

地元産材「八溝材」の普及を図るため、市内に住宅を新築する方に対し補助金を交付する制度です。

補助の条件は次の通りです。

以上の条件を満たす方は、建物の延べ床面積が125平方メートル未満の場合15万円、建物の延べ床面積が125平方メートル以上の場合20万円の補助金を受け取れる可能性があります。

空き地等利活用事業費補助金制度

空き地などを有効活用し市街地の活性化を図るため、対象区域内の空き地などに住宅などを新築する方に対して経費の一部を補助する制度です。

対象区域は次の通りです。

建築工事前に建設部都市計画課に相談し「太田市空き地等利活用事業実施計画協議書」「世帯全員の住民票の写し」「見積書」「空き地などの位置・写真」を提出する必要があります。承認を得られた方は、「大田原市空き地等利活用事業費補助金交付申請書」などを提出することで申請できます。

補助金の額は、建築費に対して50万円です。契約事業者の本社所在地が大田原市内の場合は70万円となります。

大田原市の住環境と価格相場

大田原市は、多くの方が住みやすいと評価しています。評価されている理由は、教育と医療福祉が充実しているから。大田原市には、17カ所の保育園、7カ所の幼稚園、10か所の小学校、10カ所の中学校、4カ所の高校、58カ所の一般病院があります。また、子育てなどを支援する施策も充実しています。評価の高いエリアですが、坪単価(76,484円)はそれほど高くありません。栃木県内にある25市町村で18番目です。注文住宅を建てやすいエリアといえるでしょう。さらに詳しい情報を紹介します。

大田原市の家の施工事例

理想の家づくりを叶えるには、どんな家にするのかイメージを固めておくことが大切です。大田原市で家を建てる時に、参考にしたい施工事例をまとめているのでチェックしてみましょう。画像を見ればイメージも拡がりますよ。