栃木県のこだわり注文住宅ガイド|ココミテ » 栃木で注文住宅を建てるコツ・気を付けたい注意点

公開日:|最終更新日時:

栃木で注文住宅を建てるコツ・気を付けたい注意点

このカテゴリでは、栃木で注文住宅を建てる際の疑問や、気を付けたい点をまとめました。コツを掴んで失敗しない家づくりをしましょう!

注文住宅を建てるその前のチェックポイント

「栃木県内で注文住宅を建てよう」と決めた方や「将来は自分の家を建てたい」と考えている方、どこに家づくりをお願いするのがいいのか、どんな家にしたらいいのかはお決まりでしょうか。施工会社を選ぶ前に知っておきたいポイントをまとめています。

どこに頼む?工務店とハウスメーカーの違い

家を建ててくれるところと言えば、工務店やハウスメーカー、近ごろ目にするビルダーなどがあります。これらの違いは会社規模や施工の仕方だけではありません。

注文住宅を建てる際、どこに頼めば理想の住まいを叶えられるのかまとめています。

栃木の家づくりは断熱がポイント!でもなぜ?

家を建てるとき、内装や外装のデザインに気を取られがちですが、快適に過ごすためには「気候」にも注目するのがポイント。栃木の気候と、それに合わせた断熱に優れた家のメリットについてまとめています。デザイン性と快適性の両方を備えた、過ごしやすい我が家を手に入れましょう。

栃木県で多世帯同居・近居に対する支援はあるのでしょうか?

近居とは、それぞれの世帯が日常的に行き来できる距離にある、別々の住宅に暮らすことをいいます。栃木県の多世帯同居、近居に対する支援や、多世帯同居、近居のメリット・デメリットなどをまとめていますので、チェックしてみてください。

栃木で快適に暮らせる家が
建てられる
注文住宅会社を
今すぐチェック!

その他の気になるポイント

建材の品質で過ごしやすさも変わる

気候に合わせた家づくりには、それに見合った建材も必要です。建材の品質が低ければ、快適とは言い難い家になってしまう危険性もうまれてきます。見た目は思い通りの家になったとしても、夏は暑く冬は寒いといったことになりかねません。

導線を考えた間取りを

注文住宅は間取りの自由度が高いのがメリットです。しかし、きちんと導線を考えて部屋を配置しないと、家事や移動がしにくく、過ごしにくい家になってしまいます。過ごしにくい家は、家族が一緒に集まりにくい家になってしまう可能性もあります。成功事例などを参考に、間取りを考えてみてください。

モデルルームは必ずチェック

ハウスメーカーや工務店が用意しているモデルルームには、必ず足を運びましょう。ホームページやパンフレットの写真より、その会社が作る家をリアルに感じることが大事です。疑問点がある場合は前もって質問を用意しておき、見学時に聞いてみるのもいいでしょう。

住宅展示場でココミテ!
モデルハウスがすぐ見られる
栃木のこだわり
注文住宅会社3

設備もデザインも選び放題
家計が喜ぶ燃費がいい注文住宅

石井工務店
石井工務店のHP
引用元:石井工務店公式HP_宇都宮西展示場http://www.ishiikomuten.jp/model_house/utsunomiya_nishi/gallery.html

断熱性能

全棟北海道レベル標準装備

住宅展示場の数

5

石井工務店の
HPはこちら

石井工務店の
HPはこちら

宇都宮支店に
電話で問い合わせる

自社育成の大工が作る
厳選したひのきの注文住宅

木の花ホーム
木の花ホームのHP
引用元:木の花ホーム公式HP_宇都宮インターパーク展示場https://www.konohanahome.com/ip

断熱性能

全棟栃木県レベル標準装備

住宅展示場の数

3

木の花ホームの
HPはこちら

電話で問い合わせる

素材も設計もおしみなく
こだわりの個性派注文住宅

栃木ハウス
栃木ハウスのHP
引用元:栃木ハウス公式HP_インターパークhttps://www.tochigi-house.com/interpark.html

断熱性能

北海道レベルまで対応可能

住宅展示場の数

5

栃木ハウスの
HPはこちら

電話で問い合わせる

【選定条件】栃木県住宅協会に加盟する地域密着の工務店の中で、間取りや設計の自由度が高い木造軸組工法を中心に行っている住宅会社をピックアップ。県内の総合住宅展示場に出展している数が多い順(2020年4月現在)に3社を選定。
※【省エネ住宅実績】は、一般社団法人環境共創イニシアチブHPの2018年ZEH実績を参照。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)では、高効率な設備システムと高気密高断熱が必須となります。ここでは省エネルギー住宅の建設実績の目安としています。
※【断熱性能】は、各社公式サイトや栃木県住宅協会公式サイト各社紹介ページに掲載されている情報(2020年4月現在)をもとに、2020年省エネ基準・次世代省エネ基準に当てはめた地域レベルを記載しています。