栃木県のこだわり注文住宅ガイド|ココミテ » 栃木で注文住宅を建てるコツ・気を付けたい注意点 » 気候に適した家づくり?標高や気温の違いを知る

公開日: |最終更新日時:

気候に適した家づくり?標高や気温の違いを知る

栃木県は高い山々と平野の広がる土地。そのため、気温差が激しいのが特徴です。それでは、栃木県の気候について詳しく見ていきましょう。

栃木の気候を知ろう

東京と栃木県内各エリアの平均気温の違い

栃木県は東日本型の気候(太平洋側気候)と言われ、夏は蒸し暑く冬は乾燥した風が吹きやすいのが特徴です。

気象庁の情報を元に、2010年から2017年の気温を調べて平均を出してみました。7年分の平均が以下のようになっています。

観測地/気温 日平均 日最高 日最低 最高気温 最低気温
東京
標高6.1m
16.5 20.6 13.0 37.0 -1.6
宇都宮
標高119.4m
14.4 19.8 10.0 36.8 -6.5
那須高原
標高約749m
9.6 14.1 5.4 30.7 -10.6
大田原
標高188m
13.1 18.8 8.0 35.7 -9.5
奥日光
標高1291.9m
7.3 11.5 3.3 28.0 -13.1

こうしてみると栃木県は、東京よりも冷え込むことがよくわかります。東日本型の気候で、冬の朝はとくに寒さを感じることでしょう。

標高低めの宇都宮でも平均気温がこれだけ違う

宇都宮は栃木のほかのエリアに比べて標高は低めですが、最高気温と最低気温の差が40℃を超えています。ほかのエリアも同様です。そのくらい夏と冬の気温差が激しいのが、宇都宮をはじめとする栃木エリアの特徴。こうした気温を視野に入れて家を建てないと、季節の変化を楽しむことが難しくなってしまいます。

冬の寒さ対策に重点を置くのが快適な家づくりのポイント

栃木の冬は風の影響もあり、とても冷え込みます。冬の朝はベッドから出るのが辛い日がありますよね。

そうならないためにも、「冬を快適に乗り切れる家づくり」を行なうことをおすすめします。

寒さカット!断熱に力を入れるメリット

断熱に力を入れると、凍えるような寒さを感じず冬を快適に過ごせるだけでなく、電気代のコストダウンといったメリットも。また、熱が逃げやすい家としっかり断熱されている家では、体感温度が2度ほど変わってくると言います。冬場のエアコン設定温度を20度に設定していた場合、熱が逃げやすい家では18度になってしまうということですね。2度の差を埋めようと暖房の設定温度を上げてしまうと、余計なコストがかかってしまいます。

断熱に力を入れるのは、快適さと電気代の節約といった2つのメリットがあるのです。

栃木で快適に暮らせる家が
建てられる
注文住宅会社を
今すぐチェック!

高気密・高断熱住宅が作れる工務店やハウスメーカーに依頼しよう

栃木にある工務店の中には、気候にあわせた家づくりを得意としているところがあります。とくに断熱に力を入れているところなら、寒い冬場を乗り越えられる家づくりをしてくれますよ。

気密性、高断熱性に優れた家を建ててくれる工務店やハウスメーカーを探してみてはいかがでしょうか。

住宅展示場でココミテ!
モデルハウスがすぐ見られる
栃木のこだわり
注文住宅会社3

設備もデザインも選び放題
家計が喜ぶ燃費がいい注文住宅

石井工務店
石井工務店のHP
引用元:石井工務店公式HP_宇都宮西展示場http://www.ishiikomuten.jp/model_house/utsunomiya_nishi/gallery.html

断熱性能

全棟北海道レベル標準装備

住宅展示場の数

5

石井工務店の
HPはこちら

石井工務店の
HPはこちら

宇都宮支店に
電話で問い合わせる

自社育成の大工が作る
厳選したひのきの注文住宅

木の花ホーム
木の花ホームのHP
引用元:木の花ホーム公式HP_宇都宮インターパーク展示場https://www.konohanahome.com/ip

断熱性能

全棟栃木県レベル標準装備

住宅展示場の数

3

木の花ホームの
HPはこちら

電話で問い合わせる

素材も設計もおしみなく
こだわりの個性派注文住宅

栃木ハウス
栃木ハウスのHP
引用元:栃木ハウス公式HP_インターパークhttps://www.tochigi-house.com/interpark.html

断熱性能

北海道レベルまで対応可能

住宅展示場の数

5

栃木ハウスの
HPはこちら

電話で問い合わせる

【選定条件】栃木県住宅協会に加盟する地域密着の工務店の中で、間取りや設計の自由度が高い木造軸組工法を中心に行っている住宅会社をピックアップ。県内の総合住宅展示場に出展している数が多い順(2020年4月現在)に3社を選定。
※【省エネ住宅実績】は、一般社団法人環境共創イニシアチブHPの2018年ZEH実績を参照。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)では、高効率な設備システムと高気密高断熱が必須となります。ここでは省エネルギー住宅の建設実績の目安としています。
※【断熱性能】は、各社公式サイトや栃木県住宅協会公式サイト各社紹介ページに掲載されている情報(2020年4月現在)をもとに、2020年省エネ基準・次世代省エネ基準に当てはめた地域レベルを記載しています。