栃木県のこだわり注文住宅ガイド|ココミテ » 栃木で注文住宅を建てるコツ・気を付けたい注意点 » 動線を考えた間取りのポイント

公開日: |最終更新日時:

動線を考えた間取りのポイント

注文住宅の間取りでは、動線を意識しましょう。動線とは生活中に人が家事などで自然と動く経路のことです。動線次第で生活利便性が大きく変わるため、間取りを考える上でのポイントになります。

水回りを近い場所に設置する

家事の中で行く頻度が多いのは、一般的に水を使う場所、つまり水回りです。炊事、洗濯、お風呂などが離れていると必然的に歩く距離も長くなります。1日に何度も往復する場合、時間の効率化と体への負担を考えるなら水回りはそれぞれ近い場所にあったほうがいいのです。

家事動線を効率化した例として、リビング、キッチンの隣に洗面所、奥にお風呂、トイレ、リビングの各部屋を回遊できる間取りが挙げられます。どの方向からも行ける間取りですから、動線の最適化ができてスムーズな家事が期待できるのです。

洗濯部屋も検討してみる

大家族だと洗濯物の量も自然と多くなり、洗濯の負担も増します。その場合、洗濯を重視した間取りも、有力な選択肢のひとつです。洗濯は洗ったあと、干す、たたんで収納と多くの動作が求められるため、洗濯に関するすべてが完結できる洗濯部屋を設けるのもいいでしょう。

洗濯機のそばに土間のような干し場、洗面所や浴室で使用するタオルや下着やパジャマ収納をひとつのスペースに集約すると、洗濯からたたんでしまうまでの家事を効率化できます。

勝手口の場所は外との距離を考えて決める

勝手口を設ける場合、外との距離を考えて決めましょう。たとえば、戸建ての場合、建物の裏口に直接出られる勝手口がなければ、いちいち玄関に行って建物を回って行かなければなりません。裏にゴミ置き場を設けて生ゴミを一旦置いておくこともできます。

基本的に、勝手口を設ける場合、玄関までの距離がポイントです。キッチンから玄関までの距離が長ければ勝手口を作るといいでしょう。

また、勝手口を設ける場所にもこだわってみてください。たとえば駐車場からキッチンに直接入れる勝手口があれば、玄関に入らず重い荷物を直接運べますしゴミも持っていきやすくなります。

調理手順を考えたキッチンにする

キッチンは調理のしやすさを考えた動線にしましょう。ポイントは、シンクやコンロと冷蔵庫の3つを結んだワークトライアングルです。理想とされるのが、3つの辺の合計が3.6~6.0mの正三角形の配置で、近いバランスだと調理がスムーズにできます。

キッチンの形はL型、Ⅱ型、U型がいいとされていますが、冷蔵庫の設置場所も忘れないようにしましょう。設置することで狭まるスペースも考えた上での場所選びがポイントです。

物をよく使う場所に収納スペースを

動線と共に意識したいのが、収納スペースの配置です。基本的に物をよく使う場所に収納場所を設けるとものが散らかるのを防げます。よく物を使う場所に収納場所があれば、自然と家族も意識して片付けるようになるものです。

リビングにまとめて衣類やクローゼットを設ければ、洗濯物も一度に片付けられて家事の負担も軽くなります。玄関に土間収納を設ければ、幼いお子さんがいるご家庭だとベビーカーや三輪車をまとめてしまえるのです。物をよく使う場所に収納を置くのを意識しましょう。

住宅展示場でココミテ!
モデルハウスがすぐ見られる
栃木のこだわり
注文住宅会社3

設備もデザインも選び放題
家計が喜ぶ燃費がいい注文住宅

石井工務店
石井工務店のHP
引用元:石井工務店公式HP_宇都宮西展示場http://www.ishiikomuten.jp/model_house/utsunomiya_nishi/gallery.html

断熱性能

全棟北海道レベル標準装備

住宅展示場の数

5

石井工務店の
HPはこちら

石井工務店の
HPはこちら

宇都宮支店に
電話で問い合わせる

自社育成の大工が作る
厳選したひのきの注文住宅

木の花ホーム
木の花ホームのHP
引用元:木の花ホーム公式HP_宇都宮インターパーク展示場https://www.konohanahome.com/ip

断熱性能

全棟栃木県レベル標準装備

住宅展示場の数

3

木の花ホームの
HPはこちら

電話で問い合わせる

素材も設計もおしみなく
こだわりの個性派注文住宅

栃木ハウス
栃木ハウスのHP
引用元:栃木ハウス公式HP_インターパークhttps://www.tochigi-house.com/interpark.html

断熱性能

北海道レベルまで対応可能

住宅展示場の数

5

栃木ハウスの
HPはこちら

電話で問い合わせる

【選定条件】栃木県住宅協会に加盟する地域密着の工務店の中で、間取りや設計の自由度が高い木造軸組工法を中心に行っている住宅会社をピックアップ。県内の総合住宅展示場に出展している数が多い順(2020年4月現在)に3社を選定。
※【省エネ住宅実績】は、一般社団法人環境共創イニシアチブHPの2018年ZEH実績を参照。ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)では、高効率な設備システムと高気密高断熱が必須となります。ここでは省エネルギー住宅の建設実績の目安としています。
※【断熱性能】は、各社公式サイトや栃木県住宅協会公式サイト各社紹介ページに掲載されている情報(2020年4月現在)をもとに、2020年省エネ基準・次世代省エネ基準に当てはめた地域レベルを記載しています。